Dr.WEB

◀ 一覧に戻る

Dr.Web 製品

更新 Dr.WEB 集中管理でウイルスデータベースのみ更新する

公開日 : 2021/03/31

■対象バージョン

Dr.Web Enterprise Security Suite(集中管理ツール)

■内容

Dr.WEB集中管理ツールで、Agent端末のコンポーネント更新をウイルスデータベースのみに設定する手順です。

■手順
 

  1. Control Centerを起動し、[アンチウイルスネットワーク] 開きます。

     
  2. [Everyone] 又は任意のグループを選択し、左側メニューの[更新の制限] を
     開きます。

     
  3. [更新制限]を[ウイルスデータベースのみ更新]にし、保存します。

     

■ 注意事項

 

  • 環境復元ソフトの実行中は、コンポーネント更新 を [ウイルスデータベースのみ] に設定して運用を行ってください。
     
  • プログラムの更新につきましては、レジストリ値の変更を伴うものがありますので、環境復元ソフト実行中の更新は動作保証いたしません。プログラムを更新する場合は、必ず環境復元ソフトを”停止”してから更新してください。
     
  • プログラムの更新は、定期的に必ず実行してください。
    ※参考:以下は手動で行う実行例となります。
    1. Control Centerを起動し、[アンチウイルスネットワーク] を選択します。
    2. 左側メニューの [更新の制限] を開き、[全てのプロダクトを更新する] に
      設定し、 [保存] します。
    3. [管理]を選択し、左側メニューの [リポジトリの状態] を開きます。
       [更新情報のチェック] をクリックすると、リポジトリが更新されます。
    4. 端末側の更新が確認されたら、再度[アンチウイルスネットワーク]
      -[更新の制限] を開いて、[データベースのみ更新] に設定し、[保存] します。
       
  • 環境復元ソフトと同居する場合はウイルス定義ファイル更新のため、次の設定も行っていただく必要があります。

  Dr.WEBとWinKeeperが同居する際の設定情報

  環境復元ソフトと同居する際の設定情報