WinKeeper™

◀ 一覧に戻る

競合回避設定について

更新 Dr.WebとWinKeeperが同居する際の設定情報

公開日 : 2021/03/01

■ 対象バージョン

  • WinKeeper  v6.x, v7.x
  • Dr.Web Enterprise Security Suite(集中管理ツール) v10.x, v11.x,v12.x
     

■ 内容

Dr.WebとWinKeeperが同居する際はウイルス定義ファイル更新のため、
Dr.WebおよびWinKeeperにて次の除外設定を行ってください。

 

【Dr.Web】

●共通
 Dr.Web Firewall はインストールしないでください。
 

●Dr.Web v10.X,v11.X,v12.X
 Dr.Web Scannerインストール時
 [アンチウイルスネットワーク] - [Everyone] - [設定] - [Windows] - [Scanner]
 より次のパスを除外設定します。
 
 ・C:¥WINDOWS¥KP
  (WinKeeper Client v6.x , v7.x)

 ・C:¥PKS
  (WinKeeper Server v6.x , v7.x) 

 SpIDer Guardインストール時
 [アンチウイルスネットワーク] - [Everyone] - [設定] - [Windows] -
 [SpIDer Guard forWorkstations] および、
 [アンチウイルスネットワーク] - [Everyone] - [設定] - [Windows] -
  [SpIDer Guard for Servers] より、次のパスを除外設定します。
 
 ・C:¥WINDOWS¥KP
  (WinKeeper Client v6.x , v7.x)

 ・C:¥PKS
  (WinKeeper Server v6.x , v7.x)
 
 コンポーネントの更新を制限
 [アンチウイルスネットワーク] - [Everyone] 又は任意のグループ選択- 
 [設定] - [更新の制限] より、
 ・[更新制限]を[ウイルスデータベースのみ更新]にし保存します。
 

【WinKeeper】

●Dr.Web v10.x,v11.x,v12.x
 [フォルダ保護設定]画面より次のフォルダを [保護解除] に設定します。
  C:¥Program Files¥DrWeb
  C:¥Program Files¥Common Files¥DrWeb
  C:¥ProgramData¥Doctor Web

■ 注意事項

●WinKeeperを含めた環境復元ソフトとの同居は、Dr.Webのコンポーネント更新 を [ウイルスデータベースのみ] に設定して運用を行ってください。
Dr.Web 集中管理でウイルスデータベースのみ更新する
●WinKeeper以外の環境復元ソフトをご利用の場合は、以下をご参照ください。
環境復元ソフトと同居する際の設定情報