CaLabo® LX

◀ 一覧に戻る

version 4.0

CaLaboLX v4.1を導入されるお客様へ

公開日 : 2018/10/05

■対象バージョン

v4.1

※先生端末と学習者端末ともに修正プログラムの適用が必要です。

 

■内容

以下の問題が発生する可能性がある為、修正プログラムを適用してください。
・提出時、学習者端末に提出ウインドウが表示されない。
・チャット時、学習者端末にチャットウインドウが表示されない。
・ファイル配布時、配布したファイル容量関係なくCaLabo EX Serverおよび
 CaLabo EX Clientの動作が停止する。
・ファイル回収時、回収処理が途中で止まり、最後までファイルを回収する
 ことができない。
 

■対応方法

下記のファイルをダウンロードしてください。

コントローラ・学習者プログラム 共通

32bit版OS用 CLHotfix_20180423.zip(3,489,792 byte)
64bit版OS用 CLHotfix_20180423_x64.zip(4,026,368 byte)
 

■適用手順

※CaLabo LX プログラムを必ず終了してから、適用作業を実行してください。
※administrator権限にて適用してください。

1.各端末上で、ダウンロードしたファイルを展開します。

2.“CLHotfix_20180423.exe”または”CLHotfix_20180423_x64.exe”を
 実行します。

3.先生端末、学習者端末の再起動を実行します。
 


修正プログラムについて
修正プログラムを実行してもお客様の環境によって開始されない場合があります。
その場合には、修正プログラムを右クリックして[プロパティ]画面 - [全般]タブにある「ブロックの解除」ボタンを押下後、実行してください。

SmartScreenでブロックされた場合には、解除後実行してください。