WinKeeper™

◀ 一覧に戻る

WinKeeper 共通

新規 WinKeeper v7.7 / TB v1.7 アップデートモジュールについて

公開日 : 2020/11/12

■対象バージョン

WinKeeper Client v7.1以降 / TB Client v1.1以降 (32/64ビット版)

WinKeeper Server v7.1以降 / TB Server v1.1以降(32/64ビット版)


■適用後のバージョン

WinKeeper Client : v7.7.0.2020102902

WinKeeper Server : v7.7.0.2020101201
 

■内容

以下のプログラムをダウンロードし解凍後、各WinKeeper (TB) / WinKeeper (TB)Server へ適用ください。

WinKeeper Client / TB Client

WKv7.7_Client_update_2020102902.zip

(25,345KB)
 

WinKeeper Server / TB Server

WK7.7_Server_update_2020101201.zip

(14,294KB)

 

■修正項目

このプログラムでは、添付(rireki.txt)の問題が修正されています。

 

■アップデート手順

1.WinKeeperの保護を停止し、administrator権限でログオンします。

2.C:\windows\KP にあるKPRegWatch.iniのバックアップをします。
 (※KPRegWatch01~04.iniがある場合はそちらもバックアップをします)

3. 修正プログラムをマシン上でダブルクリックして実行してください。
 (※OSの再起動が自動的にスタートします)

4. 適用後バージョンが更新されていることをご確認ください。

 

■アップデート作業について

 アップデータを実行しても、お客様の環境によって開始されない場合があります。
その場合には、アップデートファイルを右クリックして[プロパティ]画面 - [全般]タブにある「ブロックの解除」ボタンを押下後、実行してください。SmartScreenでブロックされた場合には、解除後実行してください。

 アップデート後、使用されるアプリやOSの起動で問題が生じた場合は、バックアップしていただいたiniファイルに戻し、動作をご確認ください。(※まずは1~2台でお試しください。) 問題が継続する場合は、弊社サポートまでお問い合わせください。

 

■注意事項

 一部のクライアント端末でv7.7インストーラを用いて新規導入をした場合、アップデータにてバージョンアップしたv7.7Serverとは通信形式の違いにより、そのままでは通信が出来ません。以下の設定ファイルをダウンロードしていただき、IP=にサーバのIPを記入後、インストーラーを使った端末のC:\Windows\KPフォルダに設定ファイルを上書きしてご利用ください。(OS再起動後に既存の通信形式に変更されます。)

kmqclient.zip(解凍してご利用ください)

※サーバをインストーラで新規導入した場合は、以下のファイルをサーバ側のC:\PKSフォルダに上書きしてください。(上書き後はOS再起動が必要です。)

kmqserver.zip(解凍してご利用ください)
 

■ 本件に関するお問い合わせ先

 弊社 サポートセンター TEL:03-5781-8110

(受付時間)

 午前10時~正午、午後1時~午後5時

 土曜日、日曜日、祝祭日および弊社指定休日は休業させていただきます。