WinKeeper™

◀ 一覧に戻る

競合回避設定について

Windows10環境におけるWinKeeperとウイルスバスターコーポレートエディションの同居について

公開日 : 2016/11/22

■対象バージョン

v6.3, v7.x

 

■対象OS

Windows 10

 

■内容

Windows10でWinKeeperとウイルスバスターコーポレートエディションが同居する環境において、WinKeeperの保護機能を有効にしている場合、OS起動後10分くらいするとCPU使用率が高くなり、ビジーカーソルになる可能性があります。CPU使用率が高くなる前の時間は、端末環境により左右します。

 

■対応方法

本現象が発生する場合は、ウイルスバスターコーポレートエディションのリアルタイム検索の保護除外対象に、以下のパスを追加してください。

C:\Users\*\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy

※ * はユーザー名をワイルドカードで指定しています。