CaLabo® LX

◀ 一覧に戻る

version ALL

CaLabo LX起動時の画面サイズについて

公開日 : 2010/05/07

■対象バージョン

ALL
 

■内容

 CaLabo EX、LXを起動すると全画面でコントローラが表示されますが、
 下記の設定を行うことで、
 任意の画面サイズでコントローラを表示することが可能です。

 

■手順

 ※CaLabo EX、LXのコントローラが起動している場合は、終了してください。

 ①以下のファイルを編集し、上書き保存して下さい。
  
  ●対象ファイル
   CaLabo EX→C:\CHIeru\CaLabo EX\Server\Config\System.ini
   CaLabo LX→C:\CHIeru\CaLabo LX\Server\Config\System.ini

  ●編集箇所
   [SYSTEM]
   MEMORY_STARTUP=0
    ↓
   MEMORY_STARTUP=1

 ②CaLabo EX、LXを起動し、授業開始後に任意の画面サイズに調整します。

 ③CaLabo EX、LXを終了します。
  ※終了時のタイミングで画面サイズが保存されます。

 ④以降、③のタイミングの保存された画面サイズで授業開始されます。
  ※上記の設定を行うと、毎回終了時に画面サイズが保存されますので、
   CaLabo EX、LX終了時はご注意下さい。

  ※保存された画面サイズは下記に記載されます。

   ●対象ファイル
    CaLabo EXの場合→C:\CHIeru\CaLabo EX\Server\Config\System.ini
    CaLabo LXの場合→C:\CHIeru\CaLabo LX\Server\Config\System.ini

   ●記載箇所
    [SYSTEM]
    STARTUP_WIDTH=xxx
    STARTUP_HEIGHT=xxx

   ※別ユーザーに対しても画面サイズの記憶は有効となります。

 

■本件に関するお問い合わせ先

 弊社 サポートセンター TEL:03-5781-8110
(受付時間)
 午前10時~正午、午後1時~午後5時
 土曜日、日曜日、祝祭日および弊社指定休日は休業させていただきます。